【Pick Up!】 不妊症・不妊治療を自宅で改善出来る妊娠成功ガイドブック【安心の全額返金保証付】
<不妊症周期療法の第一人者譚定長先生が公開>

健康セミナーに興味があればこちら。

漢方薬と不妊治療「男性不妊」

◆漢方薬と不妊治療「男性不妊」◆
男性が不妊の原因になっている場合は、ほとんどが無精子症か精子の運動能力がないということになります。日本漢方では「補中益気湯」の使用が殆どのようです。しかし、これでうまくいく場合とそうでない場合があります。

☆男性不妊の原因
精管通過生涯の場合⇒過去に感染症を経験している人が多いといわれています。例えば、淋菌に犯された経験がある・最近では多いクラミジアによる感染などがあると精管の通過障害起きます。感染症によって、精管の静脈血管が炎症を起こして異常が発生したということになります。

造精能力に問題がある場合⇒最近、造精能力に問題がある若者が増えてきています。環境ホルモンによる汚染からきているとする説もあるくらいです。そう考えると造精能力が少ないので「補中益気湯」の使用は考えられません。中医学では、「陽虚精少」というふうに考えます。腎陽虚のために精子の数が少なくなっているので、このままの状態が続くとインポテンツになる可能性があります。治療は、「鹿茸大捕湯」となります。まず、若い人にはほとんど考えられないようです。

一番多いと考えられる男性不妊(腎陰虚)⇒この状態の人も精子数が少なく、理由は陰虚内熱の熱が精子を殺してしまうので、精子の数が少なくなってしまいます。その他に、腎陰虚の体質なので生まれた精子の数がもともと少ないというのがあります。 治療としては、「知柏地黄丸」「杞菊地黄丸」などに西洋人参鹿角をもちいます。腎陰の不足にもよりますがそれなりの効果が出ています。
中年以降の人が腎陰虚になっているのは比較的多いのですが最近、若い人にも結構多くなっているようです。これは生活の不摂生からくることが多いと思われます。昼と夜が逆転している生活をしていると肝腎が不足して肝腎陰虚になってきます。若いときの生活の不摂生は「腎陰不足」という状態になりやすく、腎陰不足になると造精能力が低下しますし、生じる内熱で精子を殺してしまうという死精子症が発生します。これは検査をすればすぐに解るようです。


肝胆湿熱(湿熱下注での死精子症もあります)⇒陰部に湿熱がある。暴飲暴食などの飲食不摂によって生じた湿熱が、三焦という膜状組織に溢れて肝の疏泄機能を失調させ、下注して肝経や胆経上に異状が生じます。この肝経とは、外陰部のことで陰嚢の汗もこしけもインポテンツも皆湿熱が下注して陰部に停滞して発症します。従って三焦に湿熱があるだけでは肝経湿熱とは言わず、陰部に問題を起こしてはじめて肝胆の湿熱といいます。この湿熱が命門の火を取り囲んで上から覆い被さるようにして閉じこめているのでその命門の火が動けなくなって生じる内熱で精子を殺してしまうという死精子症が発生します。治療処方は、この湿熱を除くのに「竜胆瀉肝湯」あるいは「知柏地黄丸」を用います。「竜胆瀉肝湯」は、苦寒の清熱薬が多いのでその症状が改善できたら直に服用を中止すべきです。そうでないと、身体の陽気を逆に損傷することになります。
 
痰湿の場合⇒この状態も精子がつくれません。顔色が青白く体が疲れてしょうがないというタイプです。それで、脾と腎に問題を抱えている人は男性不妊になります。気血不足状態になっている場合精子を育てることができません。現在男性で、精子無力症・精子欠乏症・夢精子症といわれて場合は気血不足ということで「補中益気湯」「十全大補湯」が使用されていますが、やはり問題は生殖器です。生殖器は腎経という前提があります。したがっていくら気血不足でも腎に問題があるはずで補腎の方剤を加法しておくのが賢明な方法となります。「補中益気湯+八味地黄丸」、「十全大補湯+八味地黄丸」、「補中益気湯+六味地黄丸」、「十全大補湯+六味地黄丸」などを用います。

いずれにしろ必ず専門医にご相談のうえ、あなたにあった適切な治療法と薬をお使い下さい。

最近は以下のような全額返金保証付きのガイドブックもあります。
不妊治療は費用の面でも、時間の面でも相当のパワーが取られます。
もう少しじっくり取り組まれる事を視野に入れられる方には、ガイドブックを参考に試してみるのも、一考の価値があるのではないでしょうか。
不妊症・不妊治療を自宅で改善出来る妊娠成功ガイドブック【安心の全額返金保証付】
<不妊症周期療法の第一人者譚定長先生が公開>


サイト内検索

植物性健康食品

カテゴリー

 

Copyright © 2006 漢方薬局ネット. All rights reserved

TOPへ 漢方薬の豆知識 漢方薬と不妊治療「男性不妊」