【Pick Up!】 不妊症・不妊治療を自宅で改善出来る妊娠成功ガイドブック【安心の全額返金保証付】
<不妊症周期療法の第一人者譚定長先生が公開>

健康セミナーに興味があればこちら。

更年期障害と漢方薬

◆更年期障害と漢方薬◆
更年期障害というのは女性の更年期(性成熟期から老年期へ移行する時期)に起こるさまざまな不定愁訴症候群(肩こり、不眠、頭痛、腰痛、イライラなど)を指します。40代から50代にかけての2〜3年間に、症状の個人差はありますが、誰でも経験するといわれています。
性成熟期から更年期になると、卵巣機能が低下し性ホルモンの分泌が減少するようになります。そのため内分泌機能が失調し、それに伴って自律神経の失調状態を招きます。その結果、不定愁訴が起こりやすくなるのです。卵巣は30代から徐々に萎縮し、それに伴って働きも弱ってくるといわれています。

漢方では、卵巣機能や性ホルモンの代謝は腎の働きによるものと考えています。更年期におけるこうした症状は、腎の衰退、すなわち"腎虚(じんきょ)"が根本原因と考えられています。

腎の働きが低下して卵巣機能が衰退すると、目の疲れや目のかすみ、生理不順、腰がだるい、腰痛、疲れやすい、皮膚が乾燥する、といった症状が現れるようになります。腎の衰退(腎虚)の影響は肝にも波及します。肝は自律神経系をコントロールしていますから、ちょっとしたストレスに対しても敏感に反応してイライラし、のぼせやめまい、肩こり、頭痛、不眠などの症状が起こります。腎虚の症状に加え、神経症状も強く現れるようになるようです。更年期障害は、腎虚が背景にあります。

更年期障害の治療は、大きく2段階に分かれます。基本処方は、更年期障害の根本的な原因である腎虚を治す「杞菊地黄丸」が中心となります。「杞菊地黄丸」は、目の疲れと目のかすみのほか、生理不順、腰痛、腰のだるさ、疲れやすい、皮膚の乾燥感など、腎虚とともに起こる症状がポイントとなります。更年期障害は女性の老化に伴う一症状と考えられています。

漢方では人間の生育・発育は腎がコントロールしていると捉えており、「杞菊地黄丸」は腎に栄養を与え、その働きを立て直すことで、更年期障害を治療します。腎虚の症状に加え、神経症状が現れてきた場合には症状に応じて「熱タイプ」「冷えタイプ」に分けて治療します。

熱タイプには「加味逍遙散(かみしょうようさん)」が適しています。熱タイプはイライラ感が強く、不眠、頭痛、頭重、めまい、のぼせ、肩こり、気分が不安定などの症状がポイントです。いつもイライラして、急にほてってくるような方にお勧めです。

冷えのタイプには「柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)」を。動悸、息切れなどの傾向が強いことが特徴で、不眠やめまい、肩こり、貧血、疲れやすい、イライラ感などの症状を伴います。普段から冷え症の方に適しています。症状が落ち着いた場合は、腎を治す「杞菊地黄丸」を保健薬として服用することをお勧めします。それが老化を防ぎ、更年期を健やかに過ごすことにつながります。

また最近では高品質なマカを原材料としたサプリメントも出てきており、これらを試してみる価値もあります。

マカはペルー産の野菜で食品です。薬とは違いますから副作用の心配はありませんし、
漢方薬や他のサプリメントとの併用も可能です。


サイト内検索

植物性健康食品

カテゴリー

 

Copyright © 2006 漢方薬局ネット. All rights reserved

TOPへ 漢方薬の豆知識 更年期障害と漢方薬