【Pick Up!】 不妊症・不妊治療を自宅で改善出来る妊娠成功ガイドブック【安心の全額返金保証付】
<不妊症周期療法の第一人者譚定長先生が公開>

健康セミナーに興味があればこちら。

痔と漢方薬

◆痔と漢方薬◆
漢方で「痔」は、主に身体の熱が下注して「痔」になると考えます。この熱源を突きとめ、熱源を消す事により「痔」を根本から治します。この熱源で多いのは「胃熱」と「肝熱」です。前者は、食生活の不摂生などをしている人に多く、後者はストレスの溜まっている方に多く見られるようです。熱源により使用する漢方薬が変わってきます。
漢方で言う「気虚」と言う体質の人に多いのが「脱肛」です。脱肛の場合はイボ痔や切れ痔とは違った考え方で治療しなければなりません。痔にもいろいろありますので、漢方薬を使われるときは必ず専門家にご相談の上、服用するようにしてください。
昔から痔になっている方の場合、便の表面に血が付いていると「痔の出血かぁー」と自己判断しがちです。
しかし、場合によっては直腸やS字結腸に出来た腫瘍や潰瘍などから出血の場合もあります。便についてる血液を見れば自己判断せずに必ず検査を受けるようにしましょう。

便秘が原因の一つと考えられる場合は、下剤の配剤された処方を用います。腫れ、痛みが強い場合は、鎮痛消炎作用のある処方を用います。痔出血がある場合は、止血効果のある処方を用います。脱肛の場合は、内臓下垂を改善する処方を用います。

ひどくない初期のうちより根本治療である体質改善の漢方薬の服用をオススメめします。痔の漢方薬治療は、西洋薬より良く効きますし、手術の様な痛みもなく、恥ずかしい思いもせず、金銭の負担も少なく、他の人にわからず自宅治療が可能です。
初期症状のうちに、実績のある経験豊富な漢方専門薬局の薬剤師の相談して、多数の処方の中よりご自分の症状に合った最良の処方を選んでもらい、可能なら煎じ薬、無理なら粉薬を気長に服用する事を御薦めいたします。治療し体質改善する事が出来ます。

漢方薬は自己判断で服用しないようにしましょう。服用の際には、必ず信頼のおける漢方の専門家へ御相談ください。安全な漢方薬でも、使い方次第では危険な薬になってしまいます。


サイト内検索

植物性健康食品

カテゴリー

 

Copyright © 2006 漢方薬局ネット. All rights reserved

TOPへ 漢方薬の豆知識 痔と漢方薬